nirui

class_picture

学部教育

カリキュラムの概要

第二類の専門教育においては,電子システム,電気システム制御,情報工学という3つの「課程」が用意されており,第二類入学生は2年生になるときに,3つの課程,電子システム電気システム制御情報工学のいずれか1つの課程に所属することになります.各課程では,第二類共通の科目を専門基礎科目として履修することで電気,電子,システム,情報の各分野に関する幅広い知識と視野が育成されます.さらに,各課程に関連する分野の専門科目を基礎から応用まで体系的に学べるカリキュラムによって,確かな基礎力と深い専門性が養われます.

▲ページの最初へ戻る

各課程の紹介

各課程が目指す専門科目の学習・教育内容は以下のとおりです.
  • 電子システム (Electronic Devices and Systems)
    電磁気学,量子力学などの物理,電子回路理論などの電気系の基礎学問から集積システムの製造・設計技術までを体系的に学びます。エレクトロニクスの発展に不可欠な物性・材料分野,半導体デバイス分野および集積回路・システム分野の基本概念から先端的な知識と応用技術の習得を目指します。
  • 電気システム制御 (Electrical, System and Control Engineering)
    電気回路・エネルギー,計測制御,システム計画管理に関する分野を中心に,基礎理論から最新の応用技術までを学びます。電気,電子,計測,制御,システム計画管理の各分野に関する基礎知識と技術の習得を目指します。
  • 情報工学 (Information Engineering)
    コンピュータシステム全般に関する理論と技術を,基礎から応用までの幅広い範囲にわたって体系的に学びます。近い将来,より高性能になるコンピュータシステム。そのハードウェアとソフトウェアの解析・設計に必要な知識と技術を身に付けることが可能です。

▲ページの最初へ戻る

専門科目

各課程が対象とする専門科目を示します.特に◎は主として修得する専門科目を表しています.
課程電子システム電気システム制御情報工学主な授業内容
専門基礎科目 応用数学(微積分,級数,ベクトル・行列),電子システム,回路理論,プログラミング,工学実験
専門科目 物性工学  電磁気学,量子力学,半導体物性,光物性,ナノ構造デバイス
集積システム 半導体の電子素子,素子製造技術,集積回路の基礎と設計法
電気回路・エネルギー電力・エネルギーの発生・伝送・変換・制御
計測制御 制御システム,ディジタル信号処理,電子回路,ロボット
システム計画管理  インダストリアルエンジニアリング,システム最適化,生産管理
コンピュータ ディジタル計算の原理,計算機のハードウェアとソフトウェア,情報通信ネットワーク
情報数理  確率モデリング,計算の基礎理論,自然言語処理,ヒューマンコンピュータインタラクション

▲ページの最初へ戻る

科目一覧

専門基礎科目

応用数学I, 応用数学II, 応用数学III, 応用数学IV, 応用数学統合, 応用数理A, 応用数理C, 確率・統計, 技術英語演習, エネルギーと情報システム応用概論, エネルギーと情報システム技術概論, プログラミング演習I, プログラミング演習II, 電気工学基礎実験I, 電気工学基礎実験II, 電気電子システム工学実験I, 電気電子システム工学実験II, 情報工学演習I, 情報工学演習II, 情報工学演習III

専門科目 物性工学

電気磁気学I, 電気磁気学II, 電気磁気学演習I, 電気磁気学演習II, 電磁波伝送工学, 電子物性基礎, 量子力学, 熱・統計力学, 固体物性論, ナノテクノロジー, 高電圧工学

専門科目 集積システム

半導体デバイス基礎, 固体電子工学, 半導体デバイス工学, 光半導体素子工学, 電子材料工学, 電気電子計測, 過渡現象論, 論理システム設計, 集積回路基礎, CMOS論理回路設計, 半導体プロセス工学, CMOS集積化設計工学, 過渡現象論

専門科目 電気回路・エネルギー

回路理論II, 電子回路, 電気回路演習, エネルギー発生・変換, 電力システム基礎, 電力システム工学, パワエレ電動機制御, 原子力工学, 電子機器, 電気法規施設管理

専門科目 計測制御

システム制御I, システム制御II, 信号処理工学, 計測制御演習, 生体電気工学, ロボット工学, 通信工学, 電気通信法規

専門科目 システム計画管理

数理計画法, 応用統計学, シミュレーション工学, システム計画管理演習, 意思決定論, 生産管理論, 社会システム工学

専門科目 コンピュータ

ディジタル回路設計, 計算機構成論, オペレーティングシステム, データベース, ソフトウェア工学, ディジタル信号処理と画像処理, 計算機ネットワーク, 情報処理と情報産業

専門科目 情報数理

オートマトンと言語理論, 情報数理基礎, プログラミング言語, アルゴリズムとデータ構造, 計算理論, 応用確率論, インテリジェントシステム, ヒューマンコンピュータインタラクション

▲ページの最初へ戻る

取得可能な資格

第二類で取得可能な資格および卒業後に受験可能な(国家)資格は,主として以下のものがあります。ただし、履修科目や資格取得に関する条件があります。

免許

  • 高等学校教諭一種免許状(工業)
    • 指定科目を習得すると卒業後に取得
  • 高等学校教諭一種免許状(情報)
    • 指定科目を習得すると卒業後に取得

資格

▲ページの最初へ戻る

大学院への進学

第二類を卒業した多くの学生は、先進的な研究・学際的研究を通じて,創造力・問題解決能力をさらに高めるために広島大学大学院 システムサイバネティクス専攻・情報工学専攻・量子物質科学専攻・半導体集積科学専攻に進学します。各専攻では、教育面において次の目標を掲げています。

▲ページの最初へ戻る